【映画糞レビュー】ゾンビーバー

【映画糞レビュー】ゾンビーバー
映画糞レビュー 映画糞レビュー

ゾンビーバー

2014年製作 / 77分 / アメリカ

監督:ジョーダン・ルービン

出演:レイチェル・メルビン、コートニー・パーム、レクシー・アトキンズ

原題:Zombeavers

ある時、田舎町を走るトラックの積み荷から汚染廃棄物がこぼれおち、ビーバーの生息する湖を汚染してしまう。一方、湖の近く小屋ではメアリー、ゾーイ、ジェンの3人が女子会キャンプを開いていた。そこへそれぞれの彼氏や元彼であるサム、トミー、バックの3人組が現れ、現場は乱痴気騒ぎに発展。そんな中、ジェンがバスタブで凶暴なビーバーに襲われるが、トミーがビーバーを撲殺する。しかし翌朝になると、そこにあるはずのビーバーの死体が消えており……。

寺田せう

映画糞レビュー 糞映画でもいいけれど、ヒューマンドラマと恋愛ものだけは許さない。その生命、天に還せ。
B級ホラーを作ろうとしてつくられたB級ホラーのお手本のような作品。
かわいいビーバーのぬいぐるみたちが人間どもにいわれのない暴力を振るわれるので、心がやさしい人は要注意。
2回見た。

MTAKE

映画糞レビュー 洋画、邦画ジャンルは問わずにとりあえず観るよ。でも、しつこいスプラッタシーンだけは勘弁な。
お約束しかないゾンビとビーバーを組み合わせたホラー。
事前知識としてB級ホラー映画を嗜んでおくといかにもなフラグをいっぱい拾えるので楽しさ倍増。
もちろんセッ○スはフラグ。なのにセッ○スしちゃう。
もうやめないか、セッ○ス。

スルメ

映画糞レビュー B級映画が主食。インド映画の布教が捗らないのが辛み。ホラー映画はこわいからきらい。
個人的にシャークネードと並ぶ完璧な「B級」の映画。
B級ホラーのお約束を踏襲しつつ、展開が読めそうな部分では気持ちよく裏切ってくれる。
チャチなセット、ぬいぐるみ感バリバリのビーバー、無意味にギスギスした言い争い、突然おっぱじまるセクロス。これらのクソ要素が完璧に融合して極上のB級映画に仕上がっている。
9点の予定だったがEDで制作者に負けたので敬意を表して10点とさせていただく。

クロスレビューカテゴリの最新記事