【映画糞レビュー】きっと、うまくいく

【映画糞レビュー】きっと、うまくいく
映画糞レビュー 映画糞レビュー

きっと、うまくいく

2009年製作 / 170分 / インド

監督:ラージクマール・ヒラニ

出演:アーミル・カーン、カリーナ・カプール

原題:3 Idiots

日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。エンジニアを目指す天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。 抱腹絶倒の学園コメディに見せつつ、行方不明のランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。根底に流れるのは学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマ。

寺田せう

映画糞レビュー 糞映画でもいいけれど、ヒューマンドラマと恋愛ものだけは許さない。その生命、天に還せ。
170分という長さではあるが、インド映画にしてはダンスシーンが少な目。
煽り性能抜群のランチョー、実は一番たちの悪いファルハーン、不死身のラジューの3人はもちろんだが、パワハラ殺人学長やいいところが最初から最後までないサイレンサーといった登場人物たちが個性豊かで掛け合いが非常に楽しい。
ストーリーも学生時代の出来事と同時並行で行方不明のランチョーを探すミステリー要素があり、伏線をしっかりとつくっては回収していくので、最後まで楽しく見ることができた。

MTAKE

映画糞レビュー 洋画、邦画ジャンルは問わずにとりあえず観るよ。でも、しつこいスプラッタシーンだけは勘弁な。
長時間のインド映画という事で歌に踊りが満載を覚悟したら思ったより該当シーンがなかった。
冴えない学生たちの挫折や成長を異端児ランチョーを軸にをしっかり尺を使って描くので人物の掘り下げが魅力。
内容もぎっしり詰まっているので長いながら最後まで面白く観れる。

スルメ

映画糞レビュー B級映画が主食。インド映画の布教が捗らないのが辛み。ホラー映画はこわいからきらい。
インド映画入門に最適の映画。
劇中歌の「AAL IZZ WELL」は名曲なので、まずは曲とPVだけでも見てほしい。
歌やダンスのシーンは控えめだが、本筋のシナリオがカルピスの原液並みに濃いので、視聴後の満足感は深い。
細かな伏線を綺麗に回収していく話運びには脱帽した。

シャック

映画糞レビュー 好きなジャンルはモンスターパニック映画。トレマーズとザ・グリードは神映画!!!!
インド特有の長編映画にも関わらず内容がしっかり詰まっているので、あまり時間は気にならない。
最後まで面白いのでおすすめの映画です。

クロスレビューカテゴリの最新記事