【映画糞レビュー】シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

【映画糞レビュー】シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~
映画糞レビュー 映画糞レビュー

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

2012年製作 / 85分 / フランス・スペイン合作

監督:ダニエル・コーエン

出演:ジャン・レノ、ミカエル・ユーン、ラファエル・アゴゲ

原題:Comme un chef

超高級フレンチレストラン”カルゴ・ラガルド”は、ベテランシェフ・アレクサンドルのスランプで存続の危機に立たされていた。そんな折、アレクサンドルは天才的な舌を持つペンキ塗りのジャッキー・ボノに出会う。更に素人シェフたちも仲間に加わり、この問題だらけの<寄せ集めシェフ>たちはレストランを守ろうと立ち上がるが…。

寺田せう

映画糞レビュー 糞映画でもいいけれど、ヒューマンドラマと恋愛ものだけは許さない。その生命、天に還せ。
分子料理がカラフルな駄菓子。

MTAKE

映画糞レビュー 洋画、邦画ジャンルは問わずにとりあえず観るよ。でも、しつこいスプラッタシーンだけは勘弁な。
昔はスゴかったが最近パッとしないシェフが料理オタクな無職主人公とタッグを組んでなんだかんだでうまくいく、わかりやすい王道ストーリー。
色々な意味で見やすい作品。

スルメ

映画糞レビュー B級映画が主食。インド映画の布教が捗らないのが辛み。ホラー映画はこわいからきらい。
料理の才能はあるが、周りに馴染めず実力を認めてもらえない主人公が一流シェフに才能を見出され、有名レストランで成り上がっていく。というなろう系にありそうなシナリオだが、不快感も無くテンポもいい見やすい作品に仕上がっているのは脚本の実力の高さが窺える。
肝心の料理がおいしそうにみえないのが難点。

クロスレビューカテゴリの最新記事